日帰り手術

日帰り前立腺レーザー蒸散術 PVP

前立腺肥大症の最先端治療 ~日帰り前立腺レーザー蒸散術 –PVP- ~

前立腺の位置・機能

前立腺は膀胱のすぐ下で、尿道の周りにある栗の実ほどの大きさの臓器です。通常10~20mlの容積と言われています。前立腺の機能は未だ不明な点も多いのですが、精液の成分である前立腺液を分泌しています。

前立腺肥大症とは?

前立腺肥大症は内腺と呼ばれる内側の尿道に近い部分が肥大化する病気です。
詳しい原因は解っていませんが、50歳以上で増え、60歳台では5割以上、70歳台では約7割で罹患しているといわれています。
主な症状は、尿回数の増加、夜間に何度も排尿に行く、尿が出にくい、勢いがない、排尿に時間がかかる、きれが悪い、残尿感がある、我慢ができない、もらしてしまう、などです。さらに進行すると、尿閉(尿が出ない)、血尿、結石、細菌感染や腎機能障害をきたすこともあります。

前立腺肥大症の治療について

症状の軽い初期段階には、主に薬物療法が行われます。
薬物療法で効果が不十分な場合、薬物治療が長期にわたる場合、重篤な合併症(血尿や細菌感染をくり返す、腎機能障害、尿閉など)が発生した場合には手術療法が選択されます。
今までの前立腺肥大症の手術は、経尿道的前立腺切除術(TUR-P)と開腹手術が主流でした。経尿道的前立腺切除術(TUR-P)とは、内視鏡と電気メスを使用する手術法です。内視鏡を尿道から前立腺に挿入し先端の電気メスで肥大した腺腫(内腺)を少しずつ削り、その切片を回収して手術を終わります。肥大が大きくなりすぎて「TUR-Pでの治療は困難」と判断された場合には開腹手術が選択されていました。開腹手術では、下腹部をメスで切開し肥大した腺腫をくり抜いて(核出)きます。

画期的手術法 PVP ~光選択性前立腺蒸散術~

当院では、米国AMS社のKTPレーザーを導入、前立腺肥大症に対するPVP(Photoselective vaporization of the Prostate):光選択性前立腺蒸散術を行っております。KTPレーザーは、今までとはまったく違った性質を持つ手術装置で、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンを熱することで組織を蒸散させるという優れた利点があります。
これまで主流な手術術式であったよ経尿道的前立腺切除術(TUR-P)よりも出血および術後の疼痛が少なく、安全に行うことができ患者さんへの負担が最小限度ですむ画期的な手術法として注目されています。
欧米、韓国などではすでに5年以上の治療実績があり、そのすぐれた効果が実証されています。
当院では国内の他施設に先駆け日帰りでの手術を行っております。

前立腺部の尿道が閉塞しています。

閉塞していた前立腺が蒸散され
尿道がひろがっています。

日帰り前立腺レーザー蒸散術-PVP-に関するお問い合わせ・ご予約は、下記の電話番号までご連絡ください。

052-803-7110

〒468-0009
名古屋市天白区元植田2丁目304番1

Google Mapを見る

診療について

休診日/ 木曜日午後
土曜日午後
日曜日・祝日
診療科目/ 泌尿器科
女性泌尿器科
腎臓内科

お問い合わせ

052-803-7110